カリキュラム

DJの基本

初めての方はここから見てみてください

DJってなに?

機材の使い方

DJ機材の設置法

DJ機材リスト

ターンテーブル

CDJ

PCDJ(MP3J)

ミキサー

他に必要なもの

DJセット

あると便利な機材

DJテクニック

DJテクニック講座

DJのテクニックを学びたい

さらにうまくなるには

ニュースなど


 2018年1月23日(火) 13:10 JST

Vestax CDX-05

  • 2006年12月15日(金) 17:15 JST
CDX-05<-- otaiタグ->

高音質でアナログともミックス可能!!

ミックス:★★★
スクラッチ:★★★
エフェクト:★★★★★
ディスプレイの見易さ:★★★

CDJ800にとどかなくてスクラッチしたいならこれか DN-S-1000を候補に入れてみてはいかがでしょうか。   

CDX-05ならではの特徴は別売りのTASCAM TT-M1というアナログプレーヤーに装着するアダプターを使うとアナログレコードプレーヤでCDJをコンとローすることが可能です。 当然アナログレコードを使うのでアナログと操作感覚が同じになります。 

ほかにもアナログと違和感なくつなげるようにアナログに近い音質で再生できます。

"MP3再生時リバース方向の再生は、最大7秒間のみです。

CUE、CUEポイントメモリー、FF.REW機能は使用できません。” と書いてあるのがきになりましたが逆再生は通常はあまり使わない機能なのでそこまで重視しなくても井いとは思います。  

エフェクトはフランジャー、フィルター、ディレイの3種類です。こちらはBPMに同期して書けることができます。

レポート(お店で触ってみて)

タッチスイッチの使いやすさは、強く押してカチッとならないとさないとだめみたいです。(CDJ800はわりと軽く触れても大丈夫。)その状態で前後にこすらないといけないので激しいプレイは大変そうです。 

キューの設定は普通なんですが(キューを押してあわせるパイオニア方式)スクラッチの機能を使っている状態では設定できないようです。(やり方によってはできる?) 機能としては十分だし音もよさそうなので中堅クラスとしての選択肢としては最有力候補かもしれません。(アダプタでアナログなみにもできるし) 

アナログを持っているなら候補としてはありです。

楽天で値段を比較してみる

■使用ディスク:標準CD、CD-R、CD-RW
■チャンネル数:2チャンネル
■量子化ビット数:16ニット
■サンプリング周波数:44.1kHz
■周波数特性10Hz?20kHz
■ダイナミックレンジ:98dB
■S/N比:98dB以上(JEITA)
■全高調波歪率:0.006%(JEITA)
■出力端子:AUDIO OUT×1(RCA)、DIGITAL OUT×1(COAXIIAL)
■使用電源:AC100V(50Hz/60Hz)
■消費電力:25W
■外形寸法:242(W)×300(D)×85(H)mm
■ 本体質量:5.9kg

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.djkenkyuzemi.com/trackback.php/vestax_cdx_05
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


Yahoo!リンク感謝!!

Yahoo! JAPAN

音楽>>クラブ>>DJに登録されました

テクノポップのリンク集に乗りました

お知らせ

コメント欄は荒れてるのでかけません

★の見かた

 …機能が無い、使い物にならない
★★ …機能はあるけどあまり使い心地がよくない
★★★ …普通
★★★★ …そこそこ使える
★★★★★ …実用的に考えられてる


スクラッチ:スクラッチプレイのしやすさ
ミックス:ミックスするときの使いやすさ
エフェクト:エフェクター機能
ディスプレイのみやすさ:時間表示などディスプレイが見やすいかどうか

RSS配信情報

My Yahoo!に追加

広告