カリキュラム

DJの基本

初めての方はここから見てみてください

DJってなに?

機材の使い方

DJ機材の設置法

DJ機材リスト

ターンテーブル

CDJ

PCDJ(MP3J)

ミキサー

他に必要なもの

DJセット

あると便利な機材

DJテクニック

DJテクニック講座

DJのテクニックを学びたい

さらにうまくなるには

ニュースなど


 2017年8月20日(日) 14:48 JST

DJスクールにいってみよう!!

  • 2006年12月 8日(金) 20:10 JST

最近いろいろなところでDJスクールというものが出てきましたが実態はどんなかんじなのでしょうか?

ここではDJスクールってどうなの?ってことについて語ります。

DJ教室の種類

●専門学校のDJ科

専門学校にあるDJ科です。2年くらいでDJについて学ぶことができます。

学校なので毎日行く必要があります。

注意点としては文部省に”学校”として認可されている学校とそうでないのがあります。認可されているところは学生扱いされるので学割が利きます。そうでないところは学割が聞かないので注意。

専門学校は他のアニメやゲームの専門学校とかと同じように卒業=DJになれるというわけではないので注意

●DJスクール

ピアノスクールとかギタースクールとかと同じようにお稽古事で通うようなスクールです。

期間が短かったり、週数日などと行く日が短いのが特徴です。

DJ用の機材店などでおもに行われてることが多いです。

 

DJスクールの内容

楽器店で実際に受けてみたのでちょっとそれについてかいてみます。

まず楽器店などでDJスクールをやっていることを調べて電話で予約します。

そうするといついつがあいているので予約を取ることになります。

当日は楽器店にいってそこの店員さんに電話で予約したことを伝えると楽器店にあるスタジオに案内されます。

そこには人数分のDJセットがおいてあるので授業時間内は触ることが可能です。

そうこうしていると先生がきます。

授業は目の前でやってみてそれがおかしかったらこうしたほうがいいとか他にもこういうものがあるとか手本を見せてくれます。

たいていの場合生徒のDJスキルのレベルが同じということはないので個人で練習している所を見回りして個別に指導するという感じです。

先生が指導してる生徒の音がスピーカーから出ていてそれ以外の生徒はヘッドフォンで独自練習みたいな感じです。

そうこうして時間が終わったら終了って感じです。

DJスクールは行く価値があるのか?

某DJ専門学校に講師で呼ばれたDJが「ここにいる時点でDJになれないと思ってください」というよなことを言ったという話があるようにDJスクールに行くことはあまり意味ないとされています。どうしてなのでしょうか?

●教えることの問題

つい最近まで(数年前)DJのやり方について書いてある本などはほとんどなく本が出ていても基本的なことしかのっていなくDJをやるにはどうすればいいのかなんて簡単にはわからない状態でした。

その時代にDJをやっていた人はDJに弟子入りしたりクラブに通ってDJをしているところを見て技を盗んでいたわけです。

そういう文化があったためDJを教えるということはあまり発達していなかったのです。

ギターやピアノと比較するとわかりますが”基本的な持ち方”などというものが語られるほどDJを教える技術ってのは発達してないことが多いです。

またDJスクールに来る先生も教えるののプロというよりもそこら辺のDJに頼んでいることが多いので何を教えたらうまくなるのかってことがわかっていない場合もあるのです(教えるというよりは目の前で見せて技を盗め見たいな教え方になりがち)または自分のやり方と比べてこうじゃないかという提案をするとか・・・

 

●教える技術の少なさ

DJで大事なのは技術よりもたくさんのレコードを把握してどのタイミングでそれらをかけるかがわかるって事が大事なためテクニック的な部分というのはそこまで複雑ではありません。

スクラッチやジャグリング以外のDJのやり方を教えるだけならひと月あればできてしまいます。(上手くなる下手は除く)教えることを教えたら後は練習あるのみとしかいえなくなってしまいます。

何より一番肝心なお客さんとの駆け引きは結局現場でしか学べないということです。

●授業料の値段

専門学校にいくとなると年間で100万近くかかります。

100万円あればレコードが1000枚近く買えます。DJにとって何よりも武器になるのはレコードの枚数(やはり10枚の中の1枚と100枚の中の1枚だとそのレコードを選択した意味が違ってしまう)なので専門学校に払うくらいならレコード買ったほうがいいという考えが大半です。

 

専門学校に行った方がいい人

そういったデメリットはありますがスクールに行った方がいいと思う人はいます。

まずまわりにDJをやってる人がいない人。クラブで声をかければDJのしりあいになれるかもしれませんがそこからさらに教えてもらうまでに行くにはなかなか大変だと思います。

DJをやっている人がまわりにいないと、もしDJをやっていてつまってしまったとき知り合いがいれば聞いて解決することができると思いますがそうでない人は自分で解決しようとすると相当な苦労をすることになるでしょう。

そういった場合にDJ教室に行ってれば先生に聞いて即解決ということもありえるのです。

またDJスクールに行けば同じ志を持った知り合いができるというのも大きいです。もしかしたらそのつながりでイベントに参加させてもらったりできるかもしれません

あとスクール内でクラブを借りてDJイベントもすることがあるのも大きいと思います。

 結論としては自分の成長疑問を持ったらDJスクールにいってみるって選択肢もありだということです。

 

DJスクールリンク

VESTAX DJ SCHOOL DJ機材の会社ベスタクスのスクールDJの歴史などから学べるカリキュラムもある

Power DJ's DJセミナー DJ hangerなど有名DJが直接教えてくれる。スクラッチが上達したならおすすめ 


Yahoo!リンク感謝!!

Yahoo! JAPAN

音楽>>クラブ>>DJに登録されました

テクノポップのリンク集に乗りました

お知らせ

コメント欄は荒れてるのでかけません

★の見かた

 …機能が無い、使い物にならない
★★ …機能はあるけどあまり使い心地がよくない
★★★ …普通
★★★★ …そこそこ使える
★★★★★ …実用的に考えられてる


スクラッチ:スクラッチプレイのしやすさ
ミックス:ミックスするときの使いやすさ
エフェクト:エフェクター機能
ディスプレイのみやすさ:時間表示などディスプレイが見やすいかどうか

RSS配信情報

My Yahoo!に追加

広告