カリキュラム

DJの基本

初めての方はここから見てみてください

DJってなに?

機材の使い方

DJ機材の設置法

DJ機材リスト

ターンテーブル

CDJ

PCDJ(MP3J)

ミキサー

他に必要なもの

DJセット

あると便利な機材

DJテクニック

DJテクニック講座

DJのテクニックを学びたい

さらにうまくなるには

ニュースなど


 2017年10月24日(火) 16:36 JST

ターンテーブルの使い方

  • 2006年9月30日(土) 02:25 JST

ターンテーブルの機能

 タンテ写真

DJとして使う場合の手順

1.①のスイッチでターンテーブルの主電源電源を入れる

2.レコードを真ん中のプラッターに置く

3.針を置く

4.②のタンテーブルの再生ボタンを押して再生

5.③ターンテーブルの再生速度が変だったらRPM切り替えボタンを33回転/45回転を切り替える

6.④ピッチコンとーローラーを動かして曲の再生速度を合わせる

個別の機能

電源

主電源

スタート

左から start stopボタン 33rpmボタン
45rpmボタン

◎主電源 ONの方にまわすと電源が入ります。

 ◎スタートストップボタン:押すと再生をはじめます。再生しているときに押すととまります。

◎Speed切り替えボタン:レコードの回転数(RPM)を切り替えます。RPMはレコード盤に書いています。(ないのもあります) 再生して曲が速かったりしたら変えてみてください

◎ピッチコントローラー:ピッチ(再生速度)を速めたり遅めたりします。これをつかってピッチをあわせます。

◎QUARTZ LOCK :押すと回転数が0パーセントに固定されます。普通の速さで曲が聞きたいときにこれを押せばピッチコントローラーを動かさなくてもよくなります。

ウルトラピッチ

◎逆回転ボタンボタンを押すとレコードが逆回転して音楽が逆に再生されます。(テクニクスのターンテーブルにはついていません)

右上図以下はこのターンテーブルVESTAXのPDX-2000の機能

・ULTRA PITCH :通常ピッチコントローラーは±10パーセントほどですがこのスイッチを切り替えると±60パーセントまで上げ下げできます。

 ・REVERS :レコードの再生を逆回転させることができます。

・APEED ADJUSTMENT START/BRAKE START/STOP:ボタンを押したときのレコードの回転の立ち上がり 停止のスピードをコントロールできます。

針の持ち方

●針の持ち方

  針は指で下から支えるように持ち上げます。レコードに針を置く時も決して上から押さえつけないようにします。

  

 

タンテの触り方

コレクターはレーベル面を使うらしい

●レコードを動かす

 レコードを再生する場所を探す時など手で早送りする時はレコードのレーベル面などを手で触って動かします。 内側の方をいじると素早く外側をいじると遅いけど細かく動かせます

 

  

スピードダウン

●レコードの再生スピードを遅らす

ピッチあわせのときに使います。ターンテーブルの周りを指で軽く抑えます。ちなみに白いのはシールです 視覚的に回転する速さが見えるため頭だしに役立てています。

ターンテーブルを使ったテクニック

再生している途中で停止ボタンを押すと音が急に、電源ボタンをオフにするとゆっくり止まります。これをミックスでフェーダーをゼロにする代わりに使うという使い方もあります

DJ基礎用語 << | >> CDJの使い方


Yahoo!リンク感謝!!

Yahoo! JAPAN

音楽>>クラブ>>DJに登録されました

テクノポップのリンク集に乗りました

お知らせ

コメント欄は荒れてるのでかけません

★の見かた

 …機能が無い、使い物にならない
★★ …機能はあるけどあまり使い心地がよくない
★★★ …普通
★★★★ …そこそこ使える
★★★★★ …実用的に考えられてる


スクラッチ:スクラッチプレイのしやすさ
ミックス:ミックスするときの使いやすさ
エフェクト:エフェクター機能
ディスプレイのみやすさ:時間表示などディスプレイが見やすいかどうか

RSS配信情報

My Yahoo!に追加

広告